社会人ソフテニスクラブチーム

ソフトテニスの前衛スマッシュの基本的な打ち方やコツ【フォームなども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ソフトテニスで前衛ポジションにつくと
求められる攻撃力のひとつ
「スマッシュ」の基本的な打ち方をマスターしていますか?

相手からきたチャンスボールを
スマッシュでスパッと決めたいものです。

 

そこでこの記事では
前衛の方必見の
スマッシュの基本的な打ち方とコツ、
正しいフォームを併せて解説していきます。

前衛スマッシュの基本的な打ち方

前衛スマッシュの基本的な打ち方は

  • グリップの握り方
  • 構え
  • ステップ
  • テイクバック
  • スイング

と順におこなっていきます。

スマッシュの基本的な打ち方【グリップの握り方】

通常グリップを握るときは
ウエスタングリップで握っていると思いますが、
スマッシュの際のグリップの握り方は

  • イースタングチップ
  • コンチネンタルグリップ

どちらで統一させましょう。

参考:ソフトテニスのラケットの持ち方【グリップの握り方】

 

いずれかに持ち替えることで
回転のかけやすさ、威力、コントロールなど
いろいろな変化をつけることができます。

スマッシュの基本的な打ち方【構え】

スマッシュを狙えそうなボールが上がってきたら
軽くひざを曲げてラケットはかつぐように持ちましょう。

ラケットを持っていない方の手も
しっかり構えることが大切で、
ボールをキャッチにするイメージで
頭の上に掲げてかざします。

スマッシュの基本的な打ち方【ステップ】

ボールの落下点を読みながら
サイドラインと平行に
体を横向きにしてボールを追いましょう。

後ずさりするようなステップは
遅くなりがちでボールを上手く追えませんし、
構え方も乱れてしまいます。

スマッシュの基本的な打ち方【テイクバック】

スマッシュのテイクバックでは
肘を上げることが大切です。

落下地点までの移動中に
ゆっくりと構えはじめ、
落下地点に入った打つ前の一瞬に
テイクバックが完了するようにします。


肘を肩のラインよりも高くなるようにあげ、

耳とグリップの間をこぶし1~2個分離し
左手を上げ体をそらします。

スマッシュの基本的な打ち方【スイング】

スマッシュのスイングする位置は
頭の真上よりも少し前の一番高い所が理想です。

高い所から打つことでミスが減ること、
スピード、重量感のあるボールを打ち込めます。

また、高い位置から打つことで
ラケットの重さを使って振り下ろすので
力を入れることなく楽にボールへ力が加わります。

前衛スマッシュのフォーム

スマッシュのフォームは
大きな軌道で上に向かって
ラケットを振ることがポイントです。

上に向かってスイングする中で打点を迎え、
自然とラケットが下りていくのが
理想的なスマッシュのフォームです。

また、打つときは前体重に重心をかけるので
右利きならば左足に体重を乗せて打ち込みます。

前衛スマッシュのコツ

スマッシュの決めるためには
5つのコツは挙げられます。

  • 素早く落下地点に入ること
  • ボールから目を離さないこと
  • ラケットだけでなく全身を使って振りかざすこと
  • 力みすぎないこと
  • 正しいフォームを身につけること

 

正しいフォームを身につけるには
練習して体に覚えさせることです。

 

スイングの軌道をつかむために
タオルを使って素振りしてみましょう。

方法はタオルの一端に結び目を作り、
もう一端をもってスイングをします。
結び目の遠心力を感じながらスイングを繰り返すことで、
無駄のない大きなスイング軌道が身に付きます。

まとめ

ソフトテニスの前衛スマッシュの
基本的な打ち方からフォームのこと、
決めるためのコツまで参考になりましたか?

 

スマッシュは感覚を掴むまで
練習を繰り返すのみです。

 

基本的な打ち方に加えて
体の使い方、目線も非常に重要になってきます。

 

スマッシュは決してパワーではなく
丁寧な動作をこなしていくこと
攻撃力のあるスマッシュが打てるようになりますので
是非試してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ランダ―テニス , 2018 All Rights Reserved.