社会人ソフテニスクラブチーム

ソフトテニスのラケットの選び方【前衛編】

WRITER
 
パソコンでラケットを選ぶ2人
この記事を書いている人 - WRITER -

ソフトテニスのラケットの選びで
前衛でプレーするあなたに向けて
おすすめしたいラケットの選び方をまとめてみました。

ソフトテニスの前衛の特徴

ソフトテニスのポジションには
前衛後衛とでプレースタイルが異なります。

前衛の特徴としては
攻撃的なネットプレー」が求められ、
ネット付近にポジションをとり、
ボレーやスマッシュでポイントをゲットする役割
試合の中で担っています。

 

ゲーム展開の中でいかに早く正確にポジションをとり、
相手にプレッシャーを与え、
ボールの動きを読んで動いたりと
ゲームを動かす中心的な存在になることができます。

ソフトテニスのラケットの選び方【前衛編】

前衛のプレーで大きく求められることは
ボレーやスマッシュなどの攻撃力です。

また、
それに対応するためには
素早い持ち替えをする操作性も併せて求められます。

 

以上の点を踏まえたうえで
どのようなラケットを選べばいいのか、
4つポイントを挙げました。

  • シャフト
  • 重さ
  • フレーム面
  • グリップ

前衛ラケット【シャフト】

シャフトとは
ラケットの持ち手であるグリップと
打つ面とを繋いでいる部分のことを指します。

そのシャフトの部分が前衛の場合、
二つに枝分かれしている
「2本シャフト(ダブルシャフト)」がおすすめです。

 

2本シャフトの特徴は
面の安定性が高く操作性もあるため、
スマッシュやボレーといった
攻撃的なネットプレーに適しています。

前衛ラケット【重さ】

前衛の場合、
頻繁にラケットを持ち替えたり
上下左右の動きが多いことから、
ラケットの重心ヘッドが軽い
トップライト」を選びましょう。

前衛ラケット【フレーム面】

フレームの面は小さいものの方が
ブレが少なくコントロール性が高いため
前衛向きになります.

また、空気抵抗少ないため振りやすいです。

ただしあまり小さなものは
初心者の方には扱いずらい点があります。

前衛ラケット【グリップ】

持ち手であるグリップは
ボレーやスマッシュという技を決めるのに必要な
面の安定性や手首のブレを抑えるために
太いグリップをおすすめします。

まとめ

ソフトテニスのラケットの選び方について
前衛編をまとめてみましたが
購入時の参考になりましたか?

 

改めてまとめますと
前衛の方に選んでほしいソフトテニスラケット

  • 2本シャフト(ダブルシャフト)
  • やや軽めの重心がトップライト
  • フレーム面は小さめ
  • グリップは太め

以上の4点になります。

 

様々なボールの対応をしなければならない前衛のプレーは
高い操作性が求められますので、
ラケット選びは重要です。

前衛としての仕事がしっかりこなせる
あなたに合うラケットが
きっと見つけられることでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ランダ―テニス , 2018 All Rights Reserved.