社会人ソフテニスクラブチーム

ソフトテニスのファーストサーブとは?【基本的な打ち方やコツも解説】

WRITER
 
ソフトテニスのファーストサーブ
この記事を書いている人 - WRITER -

ソフトテニスのファーストサーブとは、どんな目的で打つのかわかりますか?

 

その目的をしっかり理解して、基本的な打ち方やコツをつかみ、試合で有利に立てるファーストサーブをこの記事でわかりやすく解説していきます。

 

 

ソフトテニスのファーストサーブとは?

ナガセケンコー(KENKO) ソフトテニスボール 2個入り TSOW-V

 

 

ソフトテニスのファーストサーブとは、1回目に打つサーブのことです。

 

基本的には上から打つ場合が多く、その人が得意とし自信のある「攻めのサーブ」を使います。

 

 

ファーストサーブの基本的な打ち方

ヨネックス YONEX ソフトテニスラケット NANOFORCE 8V REV ナノフォース8Vレブ NF8VR-596

ファーストサーブの基本的な打ち方で挙げられるのが、「フラットサーブ」と呼ばれるものです。

 

フラットサーブは横回転の少ないサーブなので、スピードが速くでやすいのが持ち味です。

 

基本的にサーブを打つ時のラケットの握り方は、コンチネンタルグリップまたは、イースタングリップにして練習しましょう。

 

迷われてしまう方には
コンチネンタルグリップがおすすめです。

参考:ソフトテニスのラケットの持ち方【グリップの握り方】

 

フラットサーブの打ち方の基本を覚えるために、2つのポイントを抑えましょう。

  • トスの上げ方
  • 打つフォーム

 

ファーストサーブのポイント【トスの上げ方】

 

ファーストサーブを決めるのに重要なのは、自分の思い描くフォームで打つための、常に安定した正確なトスを上げることです。

 

そのためには

  • ボールは支える程度優しく持つ
  • ボールを離す瞬間は手と地面を平行にする
  • トスの高さは自分の身長の2倍程度上げる

この3つを意識しましょう。

 

初めの練習は
トスを上げてキャッチ
の動作を繰り返し行ってみましょう。

手と地面を平行にできていれば、そのままあなたの手の位置にボールは戻ってきます。

 

 

ファーストサーブのポイント【打つフォーム】

ファーストサーブを決めるのにもう一つ重要なのが、打つフォームです。

 

ファーストサーブのフォームで気をつけることは

  • ラケットはを向かないこと
  • 打つ前は体が真横を向くようにする
  • 肩が上を向いて、体が反っている
  • 膝を曲げて身体をひねる
  • 打つときは前後の肩を入れ替えるようにする

この5つを意識してみましょう。

 

腕だけでボールを当てに行くのではなく、全身を使ったフォームになることでボールにスピードを乗せることができます。

 

 

ソフトテニスのファーストサーブを決めるコツ

ヨネックス(YONEX) ゲームシャツ(フィットスタイル) 10236 007 ブラック M

ファーストサーブは、トスを上げてから打つまでのほんの一瞬の間に、タメを作ることが速く正確に決めるコツです。

 

ひざを曲げる動作、上半身と下半身をひねる動作のこの2つを同時に行うことでより強いタメができ、力を込めなくでも速く重みのあるボールを打つことができます。

 

この一連の動作が身につくと、安定したファーストサーブを打てるようになります。

 

 

まとめ

Senston ラケット用グリップテープ ウェットスーパーストロンググリップ ノンスリップ・グリップテープ

ソフトテニスのファーストサーブとは、試合を動かす大きな一手となり、相手を攻めこむチャンスです。

 

基本的な打ち方やコツを覚えることであなたの武器となりますので、しっかり身体に叩き込みましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ランダ―テニス , 2018 All Rights Reserved.